スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
あかべぇそふとつぅLIVE2011
(片霧烈火)
1.魂響/魂響 〜たまゆら〜

(石田耀子)
2.コンチェルトノート/コンチェルトノート
3.Be_Natural/こんな娘がいたら僕はもう…!!

(井上直美)
4.Realize/その横顔を見つめてしまう 〜A Profile 完全版〜

(Riryka)
5.あの頃のように/コンチェルトノート
6.宝物/るいは智を呼ぶ

(真理絵)
7.Guardian Heart/暁の護衛 〜プリンシパルたちの休日〜
8.Artemis Blue/アルテミスブルー

(桜川めぐ)
9.竜たちノ夢/コミュ -黒い竜と優しい王国-

(瀬名)
10.Long for…/黄昏のシンセミア

(民安ともえ)
11.Lock My Soul/俺サマのラグナRock
12.what a wonder ending world/俺サマのラグナRock

(アフィリア・サーガ・イースト)
13.ワタシ☆LOVEな☆オトメ!/WLO世界恋愛機構
14.ニーハイエゴイスト

(すーぱーそに子)
15.SUPERORBITAL ショート/ソニコミ

(eufonius)
16.比翼の羽根/ヨスガノソラ
17.深遠の絆/恋ではなく―― It's not love, but so where near.

(tohko)
18.Run/コミュ -黒い竜と優しい王国-
19.想いの果てに/黄昏のシンセミア
20.Friends/るいは智を呼ぶファンディスク ―明日のむこうに視える風―

(霜月はるか)
21.Everywhere With You/W.L.O.世界恋愛機構 -未来のために、いま恋をしよう。-
22.Universalia/アルテミスブルー

(鈴原知花)
23.Dreamin'/W.L.O.世界恋愛機構L.L.S.
24.Hinomaruuuuuurrrrry/ひのまるっ

(カヒーナ)
25.The Divinity/DEVILS DEVEL CONCEPT
26.真実の翼−サダメのツバサ/僕がサダメ 君には翼を。
27.ReflectionS/恋ではなく―― It's not love, but so where near.

(5分休憩)

(彩音)
28.永遠の向こう/光輪の町、ラベンダーの少女
29.Close Your Eyes/G線上の魔王

(飛蘭)
30.Live in Despair/コミュ -黒い竜と優しい王国-
31.天国ト地獄ノ譚詩曲/紫電 〜円環の絆〜
32.終末のフラクタル/グリザイアの果実

(真里歌)
33.絆/るいは智を呼ぶ
34.内なる雨/コミュ -黒い竜と優しい王国-

(佐藤ひろ美)
35.夏のファンタジア/黄昏のシンセミア
36.Dance in the moment/恋ではなく―― It's not love, but so where near.

(片霧烈火)
37.紅空恋歌/車輪の国、向日葵の少女
38.少年少女よ、大志を抱け/車輪の国、悠久の少年少女
39.ラベンダーの純然/光輪の町、ラベンダーの少女
40.ラブ・パラダイス/W.L.O.世界恋愛機構 -未来のために、いま恋をしよう。-
41.HE∀ting Sφul/真・恋姫†無双
42.Answer/G線上の魔王

(榊原ゆい)
43.幻想の城/暁の護衛〜罪深き終末論〜
44.パーソナルスペース/暁の護衛
45.コンフォート/Happy Wardrobe
46.Eternal Destiny/夜明け前より瑠璃色な
47.メチャ恋らんまん☆/天神乱漫
48.Get Love Power/こんぼく麻雀 〜こんな麻雀があったら僕はロン!〜
49.Together/暁の護衛

(アンコール)
(片霧烈火&榊原ゆい)
50.Love&Kiss


5時間の長丁場。
ボリューム的にもクオリティ的にも良いライブだったと思う。

特筆すべき点としては、
・カヒーナ、真里歌の初ライブ(多分)
・恥ずかしがりやのNANAの代役石田耀子によるBe_Natural
・意外と新曲が多かった
という辺りだろうか。

カヒーナの生歌力はハンパなかった。
CDで歌声を聴くだけでも涙がでるほど感動するのにまさかここまでとは。
歌唱力という点では完全に頭二つくらい抜け出ていて素晴らしかった。
「ヤルセナイザー音頭」はさすがにやらなかったみたいw。
その点、真里歌はちょっと安定していなかったかなあ。
とはいえ「絆」も好きで堪らない曲なので生で聴けて感涙。

「Be_Natural」はこのライブのキラーソングのひとつだったと思うので、やはり聴けて嬉しい。

桜川めぐも以前のように客が10人くらいしかいないようなシチュエーションで竜たちノ夢を歌ってたということから比べれば凄いステップアップなんじゃなかろうか。
前の日記ではネガティブなこと書いてあるけど、最近はエレガだけど好きという感じになってるので、もっとライブやってほしいなあ。

烈火も普段のソロライブとかでは縦ノリ系の曲しかやらないけど、メーカー縛りがあれば「ラブ・パラダイス」みたいな萌えソングも歌ってくれるんですね。
「VIVA WLO」が聴けなかったのは残念だけど、きっと次回のソロライブとかでもそういうのはやらないんだろう。

tohkoもエロソンを聴きたいがためだけに個人ライブ行くのはどうしも敷居が高かったので、今回は良い機会だった。
「Run」は良い曲だと思うんですよね。

不満点といえば、そこまで他社様の曲をやるのは誰得だったんだろうかということ。
特にアフィリアとかすーぱーそに子とかあかべぇの中でも序列が低いのに。

とはいえ、ライブの流れの中ではそこまで不満な点もなく順調に進んでいたんだけど、最後の誰にゃんさんは酷かった。
そもそもあかべぇLIVEなんだし、派生ブランドでしか歌ってない人をなぜトリに持ってくるのか。
それだったら烈火がトリの方が筋が通る。
そして選曲されてる曲の質の低さ。
さらにその質の低さを補おうとする他社様構成。
しかも他社様の曲も結構どうでもいいのばっかり。
酷いとしか言いようがない。
それさえなければ文句のないライブだったのにね。
つくづく残念。
せめて「Happy Phonogram」があれば意見が変わったかもしれないけど。

これを気にカヒーナとか真里歌とか桜川めぐとかライブから遠ざかっている人がもっとライブやる機会を持ってくれるといいなあとか。
あと、ライブのテーマソングとやらはもう少し気合入れて作っても良かったんじゃないだろうか。
何はともあれ出演者の皆さん、参加者の皆さんお疲れ様でした。
ライブ 23:28 comments(0)
スポンサーサイト
- 23:28 -
COMMENT









波打ち際に立つ君へ
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile
Category
Comment
Archives
Mobile
qrcode
Recommend
Cabbit 第二弾!「キミへ贈る、ソラの花」応援中!
Other